あたいが「己って分厚いのかなぁ」と思ったのは中学生2クラス生録くらいのタイミングでした。
根っから家中が甘いもの好きで大食いだったためか、私も生クリームやカスタードが大好きでスクール異常帰りには本当にコンビニでシューク

リームなどを買って召し上がるというコンディションでした。
ある時、町を歩いていると凄まじく脚が分厚い女性がミニスカートを履いているのを見て、その女性には失敬ですが「脚分厚いくせにミニス

カートとか履くなよ…」と幾分引いたのですが、私もその時ミニスカートを履いていたので「もしかして私もあの人みたいに脚が太

いくせにって思われてるのかな!?」と不安になりました。
それほど考えればスクールの仲の良い近隣は一丸ではないけれど脚が細かい子もいて「妬ましい」としていても「あたいは依然としてセーフ!」と思い込

んでいたのかもしれません。
私もシャレオツがびいきだし、無論スカートやワンピースはお気に入りだったので「引け目なしに履きたい!」と思い、ダイエットを感情

しました。
あたいはボディは並み姿勢だったので、いわゆる”下半身デブ”でした。
当時のあたいは「ボディはいいから脚だけでいいから細かく決める!」と考えていましたが、今ではそれは難しいと思います。
ダイエットを決意した日光、必死にネットで働きのあるダイエットの術を探しました。
ダイエットに最高効くのは散歩だそうですが、スポーツが苦手なあたいにおいて毎日の散歩は無茶!という諦め、お人のスナックと

夜間ごはんを飛ばすダイエットを始めました。
そうなると3日光あとくらいにウエイトが2kgほど落ちましたが、肝心な脚が皆目痩せていない!形相というボディだけが細くなって行く・・・。
下半身デブの感想なのか、それから一月ぐらいダイエットを続けましたがウエイトが4kg落ちても脚の太さに変わりは見えませんでした。
こういう見聞きがあたいは”脚だけやせるのは苦しい”と考える理由です。
これまでにあたいは、脚を細長くするため様々なダイエット術を試してきました。
食事の向上、縄跳び、家の中ではつま先立ちであるくなど・・・。
ですがきちんと効果がなく、働きが欲しいあたいは雑誌などにあるダイエットサプリや発汗クリーム、加圧ソックスも努めました。
ですが上述もあんまり効果がなく・・・、それでも結構脚が細くなりたい!って却ってダイエット術を試したあたいが最終的に辿りついた

のは”入浴後のリンパマッサージ”でした。
お風呂から上がった後に脚にボディクリームをつけて、足首から大腿まで手でマッサージしながらリンパを洗い流すだけでむくみも射出

し、脚も細くなるそうです。
脚がむくみ易いというのもあったので「その日のむくみはその日のうちに!」という続けていく内に、ふく陣はぎ、大腿が次第に細く

なっていくのが分かりました。
近所からも「ダイエットエライね!」と言われるようになり、続けて良かったと思います。
只今、甘いものも我慢せずに食べていますがリンパマッサージを続けているおかげか、脚の劇太りも解離できてある。

ラ・クレンズ